• 旅鉄web
  • TOP
  • 吉川正洋×CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ Vol.6

吉川正洋×CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ Vol.6

吉川正洋xCITIZEN上野駅開業140周年記念ウオッチ

 

1883(明治16)年の開業から140年を迎えた上野駅を象徴する、3つの車両をモチーフにしたシチズンの「上野駅開業140周年記念ウオッチ」。パッと見はちょっとおしゃれなアナデジ時計。よく見たら列車の顔のよう。さらによく見ると……鉄道好きにはたまらないディテールと車両へのリスペクトが詰まっています。鉄道好きだからこそわかる、鉄道大好き芸人の吉川正洋(ダーリンハニー)氏が「上野駅開業140周年記念ウオッチ」の魅力をVol.6まで、6回の連載で語ります。

 

6 「上野駅開業140周年記念ウオッチ」受注期間終了迫る

 

この連載も、ついに最終回の6回目となりました。2024(令和6)年128日(日)の受注期間終了も近づきましたので、「上野駅開業140周年記念ウオッチ」の「2425形(北斗星)」「485系(特急ひたち)」「E26系(カシオペア)」の3つのモデルそれぞれの魅力について、改めてご説明しておきましょう。

 

 

2425形(北斗星)」「485系(特急ひたち)」「E26系(カシオペア)」モデルの魅力

1つ目のモデルは、上野~札幌間を運行していた「2425形(北斗星)」です。全体的に青のカラーリングとゴールドの差し色で車体をイメージし、赤いテールランプも再現。闇を疾走する夜行列車なので、ほかの2本とは異なり、ブラックバンドを採用しました。ロビーカーの車体マークの星も右下にデザインされていますから、ひと目で「北斗星」だとわかります。

 

 

 

2つ目のモデルは、「485系(特急ひたち)」です。車体のクリームと赤を忠実に再現するよう、色を調整したことがポイント。いわゆる、赤2号とクリーム4号の国鉄特急色です。特急シンボルマークのTは、立体感を出すためにガラスの裏から印刷をしています。横から見ると飛び出しているように見えます。

 

 

 

 

3つ目のモデルは、「E26系(カシオペア)」です。シルバーでトーンを統一し、右目の秒針部分にマークを入れて、この回転針が1秒ごとにくるくる回るようになっています。カシオペアといえば、あの車体に入った5本のカラーも右下にあります。さらによく見ると、左にある機能表示を示す棒線もそれぞれ実車と同じ5本のカラーで、こだわりが感じられます。

 

 

 

 

ひとつ選ぶのは難しいけれど、強いて挙げるとすれば、「2425形(北斗星)」

3モデルそれぞれが数多くの魅力にあふれていますので、ひとつを選ぶならという問いに答えるのは本当に難しい、厳しいことです。それでも強いて挙げるとすれば、「2425形(北斗星)」ですね。ただ、これはあくまで個人的に思い入れが深い列車だからというのが理由です。

 

連載の2回目でも述べましたが、「北斗星」に初めて乗ったのは、車両のデビューから数カ月後の19888月でした。どうしても「北斗星」で青函トンネルを通ってみたくて。「いま自分は『北斗星』で海の下を走ってるんだ」という、ぞくぞくするような感覚が、いまでも忘れられないんです。

 

「北斗星」にはその後何回も乗っていますが、初めての「北斗星」体験は超えられませんね。もう一度、あのときの感動を思い起こしたくて、「2425形(北斗星)」モデルを着けたいなと思っています。

 

もちろん、「485系(特急ひたち)」の国鉄特急色やJNRマークのノスタルジー、特急Tマークが立体的に見えるなどのこだわりにも、捨てがたいものがあります。「E26系(カシオペア)」は、「上野駅開業140周年記念時計」で唯一いまでも乗ることができる車両ですから、このモデルを着けて実車に乗ってみたいという思いもあります。

 

 

現在の上野駅、広小路口

そして、上野駅ですよね。あのこれは普通の駅じゃないなと思わせられる独特のオーラというかムードがあります。東京の北の玄関口ですから、たくさんの方々が故郷から上京してきたときの思いとか、帰っていくときの心模様が出まくっている。やっぱり、上野は特別な駅なんです。

 

みなさんも上野駅と3つの車両に、それぞれの個人的な思い出をお持ちだと思います。そのうえでデザインや色合いなども踏まえて、お好きなモデルをお選びくださいと申し上げておきましょう。“3モデルともほしい、着けたいが、ぼくの本音中の本音です。

 

 

3弾は直流・交流・交直流の電気機関車3色バージョンモデルなど期待

1弾「鉄道開業150周年記念ウオッチ」から、第2弾「上野駅開業140周年記念ウオッチ」の「2425形(北斗星)」「485系(特急ひたち)」「E26系(カシオペア)」へと続いたシリーズに、ぼくが第3弾モデルをセレクトするとしたら……。これもなかなか難しいですね。

 

 

周遊型寝台列車(クルーズトレイン)の「TRAIN SUITE 四季島」

思いつくままに挙げていくと、客車なら茶色いオハ61系や青いオハ43系などの国鉄旧型客車。それに、豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島(トラン スイート しきしま)」なども、いいんじゃないでしょうか。それから、通勤形電車101系・103系のオレンジ・ウグイス・青・黄・緑の全色バージョンとか。ある世代以上なら、通勤・通学などで実際に乗られた方も多くいらっしゃるはずなので、思い出深い車両だと思います。

 

 

あぁ、電気機関車もいいですよ! 直流・交流・交直流の3色バージョン。青いEF65形かEF66形、赤いED75形、ピンクのEF81形あたりが代表的な形式でしょうか。DD51形・DD13形・DE10形など、ディーゼル機関車のオレンジ・グレーの塗り分けに白帯もいいですね。シチズン時計さんに、第3弾の発売を期待しています。

 

 

「上野駅開業140周年記念ウオッチ」受注期間は128日(日)まで

「上野駅開業140周年記念ウオッチ」の「2425形(北斗星)」「485系(特急ひたち)」「E26系(カシオペア)」の受注期間は、2024128日(日)2359分で終了となります。

 

なお、「上野駅開業140周年記念ウオッチ」は、上記受付期間内にご購入の申し込みを完了する、受注生産商品となります。あらかじめご了承ください。販売期間終了後の再販売については、現時点では未定です。場合により、早期に受付を終了する可能性がございますので、気になる方はお早めにお申し込みください。商品のお届けは、20247月下旬を予定しております。

 

みなさま、「上野駅開業140周年記念ウオッチ」への、お早めのご乗車よろしくお願いいたします!

 

 

 

CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ

 

左から、「24系25形(北斗星)」モデル、「485系(特急ひたち)」モデル、「E26系(カシオペア)」モデル

 

 

受注期間2023年12月12日~2024年1月28日
納品予定2024年7月下旬予定
価格

2425形(北斗星)(JG2148-66L

44,000 (税込)

485系(特急ひたち)(JG2149-63W

41,800円(税込)

E26系(カシオペア)(JG2140-68H

41,800 (税込)

 

 

下記の店舗で予約受付中!

上野駅開業140周年記念ウオッチスペシャルサイト

 

【過去の記事を読む】
Vol.1 CITIZENが「上野駅開業140周年記念ウオッチ」を発売!

Vol.2 「24系25形(北斗星)」、時計と車両の魅力

Vol.3 「485系(特急ひたち)」、時計と車両の魅力

Vol.4 「E26系(カシオペア)」、車両と時計の魅力

Vol.5 鉄道車両をモチーフにした限定ウオッチシリーズの魅力

 

<この記事はPRです>

March 2024

2024年3月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える