• 旅鉄web
  • TOP
  • 吉川正洋×CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ Vol.1

吉川正洋×CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ Vol.1

吉川正洋xCITIZEN上野駅開業140周年記念ウオッチ

 

1883(明治16)年の開業から140年を迎えた上野駅を象徴する、3つの車両をモチーフにしたシチズンの「上野駅開業140周年記念ウオッチ」。パッと見はちょっとおしゃれなアナデジ時計。よく見たら列車の顔のよう。さらによく見ると……鉄道好きにはたまらないディテールと車両へのリスペクトが詰まっています。鉄道好きだからこそわかる、鉄道大好き芸人の吉川正洋(ダーリンハニー)氏が「上野駅開業140周年記念ウオッチ」の魅力をVol.6まで、6回の連載で語ります。

 

第1回 CITIZENが「上野駅開業140周年記念ウオッチ」を発売!

 

昨年好評だった鉄道コラボ企画の腕時計が今年も登場!

上野駅開業140周年を記念して、シチズン時計から鉄道コラボ企画第二弾が登場しました。今回は、上野駅にちなんだ3列車がモデルになっています。140年という長い歴史のなかから選ばれた3列車。さて、どの列車が選ばれたのでしょうか。

 

1つ目のモデルは、上野~札幌間を運行していた「2425形(北斗星)」です。全体的に青のカラーリングとゴールドの差し色で車体をイメージし、赤いテールランプも再現。闇を疾走する夜行列車なので、ほかの2本とは異なりブラックバンドを採用、ロビーカーの車体マークの星も右下にデザインされています。ひと目で、北斗星だとわかりますね。

 

 

 

2つ目のモデルは、「485系(特急ひたち)」です。車体のクリームと赤を忠実に再現するよう、色を調整したことがポイント。いわゆる赤2号とクリーム4号の国鉄特急色ですね。特急シンボルマークのTは、立体感を出すためにガラスの裏から印刷をしています。横から見ると飛び出しているように見えます。

 

 

 

 

3つ目のモデルは、「E26系(カシオペア)」です。シルバーでトーンを統一し、右目の秒針部分にマークを入れて、この回転針が1秒ごとにくるくる回るようになっています。カシオペアといえば、あの車体に入った5本のカラーも右下に。よ~く見ると左にある機能表示の矢印も5本のカラーで、こだわりが感じられますね。

 

 

 

 

“大冒険をしに行く場所”だった小学生時代の上野駅

1968(昭和43)年、上野駅のC57蒸気機関車と特急はつかり583系

ぼくは1977(昭和52)年、東京生まれの東京育ちですが、西側に住んでいたので、小学校低学年のころ、特急列車や新幹線ウオッチングによく出かけた上野駅は大冒険をしに行く場所でした。一日いるだけで、もう楽しさいっぱい! 一人で地下から地上、高架まで、いろんなホームを行き来していました。

 

いまはほとんどなくなってしまいましたが、その時代はまだ長距離列車がたくさん発着していました。青森、盛岡、仙台、弘前、秋田、酒田、金沢、長野……まだ、いわきじゃなくて平(たいら)行きでしたね。そんな遠くへいまからこの列車が行くんだって、上野駅のすごさを感じました。

 

 

いまにして思うと、上野駅は「東京の北の玄関口」ですから、それぞれの故郷から来た、あるいは帰っていくみなさんの思い、心模様っていうんですかね。心の揺れみたいなものまでが、そこかしこに漂っていたような気がします。そんな人々のオーラに押されるような独特のムードに、ちょっと怖ささえ感じたほどでした。上野は普通の駅じゃないそんな衝撃を受けましたね。いまでも上野は特別な駅だと思います。

 

 

 

とんでもない数の特急、急行名が並ぶ1977年の上野駅『時刻表』

ぼくが生まれた197712月号の『時刻表』を見直してみると、これがすごいんです。上野駅発着列車のページが多すぎて、とんでもない数の特急、急行列車名が並んでいる。特急は「はつかり」「はくつる」「ゆうづる」「ひばり」、「上野駅開業140周年 記念ウオッチ」に登場する「ひたち」もありますね。急行は「十和田」「あぶくま」「いわき」「いなわしろ」「おが」「ばんだい」「あがの」……きりがないです。

 

昔の『時刻表』を眺めているだけで、上野駅の偉大さがすごくわかります。ぼくが生まれ育ったころはブルートレインの全盛期ですし、上野駅がものすごく熱かった時代なんですよね。上野って年代を問わず、それぞれの思い出やすごいストーリーがある駅のはず。北へ向けて行く「悲しみ本線日本海」とか「津軽海峡冬景色」といった演歌の世界でもあり、西へ向かう東京駅では感じられない、わかりやすくいうと寂しさめいた印象もあるんです。上野駅は7層ぐらいの構造になっていることもあって、ちょっと暗いんですよね。独特の暗さっていうか、あれはあれで何ともいえない魅力というか、静けさも感じます。

 

 

プラス、上野は終着駅なんです。列車が着いたときの「うえの~、うえの~、終着上野です」って、アナウンスを聞くのが大好きで。駅員さんによって個性が違って、今日はあの人だみたいな。聞くたびに、降りた人はどんな気持ちだったのかなと思いました。やっと東京に着いたぞ、さぁ、これから楽しい旅を始めるんだ”“東京で一旗揚げるんだという心の声が「うえの~」の独特なアナウンスに重なって、聞こえてくるような気もしました。

 

 

 

「上野駅開業140周年記念ウオッチ」12月12日に出発進行!

「北斗星」「ひたち」「カシオペア」と、それぞれ個性が違う3つの名列車、しかもすべて上野駅を発着していました。「カシオペア」は、まだツアー専用の臨時列車として運行されていますけど。それぞれの物語を腕に着けて、楽しんでいただきたいと思います。デザインの機能美っていうんですかね、スタイリッシュななかに、いろんなものが詰まっている時計でもありますから。ちょっと上野駅で語りすぎちゃいましたね。次回からは、それぞれの時計の魅力と列車の思い出について、たっぷりとご紹介します。

 

 

1212日に発車(受注開始)いたします。ぜひ皆さん、楽しみにしていてください。「上野駅開業140周年記念ウオッチ」、出発進行!

 

 

CITIZEN 上野駅開業140周年記念ウオッチ

左から、「24系25形(北斗星)」モデル、「485系(特急ひたち)」モデル、「E26系(カシオペア)」モデル

 

 

受注期間

20231212日~2024128

納品予定

20247月下旬予定

価格

2425形(北斗星)(JG2148-66L

44,000 (税込)

485系(特急ひたち)(JG2149-63W)

41,800円(税込)

E26系(カシオペア)(JG2140-68H)

41,800 (税込)

 


下記の店舗で予約受付中!

上野駅開業140周年記念ウオッチスペシャルサイト

 

<この記事はPRです>

 
 

 

 

March 2024

2024年3月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える