• 旅鉄web
  • TOP
  • 国鉄東京機関区 電気機関車運転台の記録 機関助士編

国鉄東京機関区 電気機関車運転台の記録 機関助士編

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2023年9月12日
ISBN/JAN
9784635825313
紙版価格

1,760円 (本体1,600円+税10%)

電子版価格

1,760円 (本体1,600円+税10%)

ページ数200ページ

 

 

【内容紹介】

ブルートレインなどを牽引する電気機関車の機関士の成長記録です。著者の滝口忠雄氏は、国鉄に臨時雇用員として就職し、東京機関区で電気機関車の機関助士になった後、機関士となった経歴の持ち主です。国鉄分割民営化後はJR貨物の機関士となり、44年に渡って電気機関車の運転台に立ち続けました。本書では、駆け出しの機関助士として乗務しつつ、機関士を目指して勉強し、実際に機関士としてデビューするまでに体験したエピソードを綴っています。機関士になるまでの過程だけでなく、乗務したEF58形、EF65形、EF66形など往年の名機関車の運転台の様子が、臨場感あふれる内容で伝わってくる一冊です。

 

 

※本書は雑誌『旅と鉄道』2017年9月号〜2022年11月号で連載した「鉄道マンたちの青春劇場電気機関車運転士編」を加筆、再編集したものです。

 

 

【目次】

はじめに あこがれの東京機関区に配属されて

Chapter1 電気機関助士をめざして

  • 旅客輸送から消えた、電気機関車の話
  • 雑務ばかりの、臨時雇用員
  • 発煙筒を片手に、走れ走れ!
  • 指のしびれは、100ボルト!?
  • まさかのSL、石炭投炭訓練 !?

 

Chapter2 電気機関助士見習の日々

  • 配属されたのは、花形の「東京機関区!」
  • 東海道本線で見習乗務が始まった
  • 汽笛に信号喚呼、ついに試験はじまる

 

Chapter3 電気機関助士として乗務

  • 初乗務は深夜、23時39分に出勤
  • 品川発東京行き、回送発車55分前
  • 停車中の機関車に、乗り込む男あり
  • 機関車と荷物車を、バックで連結
  • 静岡7時40分発、特急「はやぶさ」に乗務
  • 全国で撮影した、蒸気機関車。その1枚を投稿した
  • ロクロク登場、巨大かつ高速な機関車ができた!
  • 〝ロクロクのおじさんへ〞子供たちからの手紙
  • 1036トンの貨物列車が三島〜函南間のトンネル区間に……
  • 機関助士は、命を懸けた仕事と実感した出来事 
  • 〝ヨンサントオ〞でその姿を消した長距離客車普通列車
  • 夜行急行の数々が、すべて寝台特急に格上げされた
  • EF65P形電気機関車を8両並べてヘッドマークをつけた
  • 赤字国鉄の人員整理、機関助士が廃止となり、機関車は1人運転に!?
  • EB装置に起こされ続けなんとか乗務交代

 

Chapter4 関東鉄道学園電気機関士科で学ぶ

  • 機関助士廃止により関東鉄道学園電気機関士科に入学
  • 長大トンネルである、北陸トンネル内で列車火災事故が発生
  • 迫る66.7パーミルその急坂を登るEF63形に乗った

 

Chapter5 いよいよ電気機関士見習に

  • 東京機関区で機関士見習としての教育が始まる
  • 上り列車は寝台特急「出雲」の乗務だった
  • 戦後EF58形が誕生しEF65形へと受け継がれた東海道本線の機関車
  • いよいよ電気機関士登用実務試験を受験!
  • 減点に気を付けつつ運転操縦の試験が続く!

●機関士としてはじめての乗務は、「はやぶさ」

 

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

March 2024

2024年3月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える