• 旅鉄web
  • TOP
  • 旅鉄車両ファイル002 国鉄151系特急形電車

旅鉄車両ファイル002 国鉄151系特急形電車

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2021年12月18日
ISBN/JAN9784635823227
紙版価格

2,750円

(本体2,500円+10%税)

電子版価格

2,200円

(本体2,000円+10%税)

 ページ数144ページ

 

【内容紹介】

終戦からわずか13年後の1958年11月1日、東海道本線で151系電車(登場時は20系電車)が特急「こだま」としてデビューしました。高度経済成長期の鉄道は、平行カルダン駆動や軽量車体などの新技術を採用し、技術的な変革期にありました。日本国有鉄道(国鉄)のほか、私鉄でも新技術を採用した車両を次々と投入し、151系はその集大成ともいえる電車です。

近年は、引退まで大きな改造もなく過ごす鉄道車両も少なくないですが、わずか24年の短い歴史のなかで次々と改造された151系には、日本の鉄道が成長期だった時代が凝縮されていて、非常に興味深いです。

 

【目次】

■主な内容

  ●第1章 151系の概要

・誕生のいきさつ

・151系概説 

 Ⅰ 1958年製車(1次車)/Ⅱ 1959年製車(2次車)/Ⅲ 1960年製車(2次車)/

Ⅳ 1961年製車(3次車)/Ⅴ 1962年製車(4次車)/Ⅵ 1963年製車(5次車)

・161系概説

・181系概説

 

  • 第2章 形式別解説 151系特急形電車

クロ151形/モロ151形/モロ150形/サロ150形/サロ151形/サシ151形/

モハシ150形/モハ151形/サハ150形/モハ150形/クハ151形/クロ150形

・151系の主な編成

 

  • 第3章 図解 151系先頭車

・151系直系の先頭車 26両の面々

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

December 2021

2021年12月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える