JR路線大全 東北本線

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2021年9月18日
ISBN/JAN9784635823401
紙版価格

1,980円

(本体1,800円+10%税)

電子版価格

1,584円

(本体1,440円+10%税)

 ページ数 160ページ

 

 

【内容紹介】

JR旅客6社の営業路線を全10巻で解説するシリーズ「JR路線大全」。シリーズ8冊目は、首都圏と東北を結び、北海道連絡の使命も担う重要幹線、「東北本線」を取り上げます。

 かつては東京と青森を結ぶ「日本一長い在来線」でしたが、現在は東北新幹線の全通により盛岡以北が並行在来線として第三セクター化され、東京~盛岡間の路線に短縮されました。全区間を直通する旅客列車はなく、地域間輸送を担う一方、首都圏では上野東京ラインの開通で多くの列車が起点駅・東京に乗り入れるようになるなど、列車の運用が大きく変わりました。

また、本書では東北本線の周辺路線を、主に東側に敷設された路線を中心に紹介しています。沿岸部では、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた路線も多くあり、気仙沼線や大船渡線のようにBRTに転換された路線があれば、山田線のように一部が三陸鉄道に移管された路線もあるなど、さまざまな形で営業を再開しました。

本書では、各路線の“らしさ”を感じる美しい写真とともに、路線の歴史、変遷、震災被害と復興などを解説しています。

 

 

 


 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

September 2021

2021年9月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える