• 旅鉄web
  • TOP
  • プラスBUS001『バス・ジャパン』編集長が教えるバス趣味入門

プラスBUS001『バス・ジャパン』編集長が教えるバス趣味入門

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2021年7月17日
ISBN/JAN9784635823036
紙版価格

1,980円

(本体1,800円+10%税)

電子版価格

1,584円

(本体1,440円+10%税)

 ページ数192ページ

 

【内容紹介】

本書では、バス専門誌「バス・ジャパン」の編集者として35年のキャリアをもつ加藤佳一氏が、趣味入門としてバスを解説します。車両や事業者の種類、快適に乗るコツ、バス写真の撮り方、模型の愛で方など、バスにまつわる100の疑問をスッキリ解決! 奥深いバスワールドへと誘います。

 

 

【目次】

【目次】

第1章 バスという車両を知る

001バスはセミオーダーメイド商品 

002ボディとシャーシは別の会社がつくる

003国産バスメーカーはいま 

004そもそもバスの定義って何?

005ボンネットバスからリヤエンジンバスへ 

006ワンマン化が生んださまざまなスタイル 

007 1980~1990年代のバスは西高東低? 

008車椅子の乗降を可能にしたリフトバス

009少しでも床を低く! との闘い 

010ノンステップバスにはなぜ段差がある?

011優先席はなぜ横向きだったのか? 

012折り畳み式シートは車椅子スペース

013バスの低公害化とハイブリッドバス 

014 CNG バスから燃料電池バス・電気バスへ

015連節バスってどんなクルマ? 

016トラックを改造したバスがある?

 

第2章 バスという業界を知る

031営業ナンバーのバスは3 種類 

032バス会社の多くは零細企業だった

033一国一城の会社が多い理由 

034こんなにあるグループ会社

035分社子会社って何? 

036路線バスにもある相互乗り入れ

037高速バスが生んだ全国的な共同運行 

038管理の受委託って何?

039公営バスはどうして生まれたのか?

 

第3章 乗りバスを知る

046まずはバス事業者のホームページを確認 

047路線図ではバス停の位置関係に注意

048時刻表では記号と色分けが大切 

049バスの所要時間は朝昼晩で変わる?

050終点だけに潜む “捨て時分”とは? 

051近年は増えつつある着発検索機能

052乗り継ぎ時分は何分とればいい? 

053実は少数派の前乗り・先払い方式

054車内で使える硬貨と紙幣 

055回数券からプリペイドカードへ

056 ICカードは全国共通? 

057フリーきっぷ購入時の注意事項

058バスのフリーきっぷにはどんなものがあるの? 

059ところ変わればバス停変わる

060フリー乗降制とは? 

 

第4章 撮りバスを知る

076すぐにキレる人は撮りバスには向かない 

077鉄道写真以上に求められる法令遵守

078形式写真は左斜め前からが原則 

079右斜め後ろからのアングルにもバスの個性

080バスターミナルと右折車線で撮る 

081車内の撮影は運転士の許可を得て起終点で

082車内の写真は日陰か逆光のほうがきれい 

083営業所内での撮影は禁止が原則

084バスファン向けのイベント 

085バスの動線を押さえてベストな光線に

086自分の立ち位置がバスに影響? 

087信号のタイミングとクルマの流れをつかもう

088ホームページでラッピング車がわかる? 

089バスならではのLED表示を写し取る

090参考資料に使える雑誌と書籍

 

第5章 模型と保存を知る

091ミニカーといえば世界のトミカ!

092ダイカスケールとトレーンの製品

093ラインナップを誇るバスコレクション 

094ラジコンの京商がつくるバスシリーズ

095希少なクラブバスラマとアド・ウィング 

096実物を所有できるのはバスならでは

097バスの動態保存には技術と資金が必要

098 4台のナンバーを取得している日本バス保存会

099バス事業者が所有しているボンネットバス 

100バス事業者が保存しているレトロバス

 

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

July 2021

2021年7月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える