• 旅鉄web
  • TOP
  • 旅と鉄道 2020年増刊5月号 キハ40よ永遠に

旅と鉄道 2020年増刊5月号 キハ40よ永遠に

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2020年4月16日
ISBN/JAN4910059740504
紙版価格本体1,200円+税
電子版基準価格

本体960円+税

ページ数96ページ
判型A4変形

 

 

【内容紹介】

ローカル線の象徴、主役ともいうべき車両、普通列車として全国を走った国鉄型気動車キハ40系の廃車が加速しています。2020年3月のダイヤ改正で、キハ40系の象徴的な絶景シーンのひとつであった、JR只見線、JR羽越本線、JR磐越西線から姿を消しました。そこで、記憶に残るキハ40系が走った鉄道シーンと、まだ乗れる路線を特集する増刊号を発刊します。

キハ40形、キハ47形、キハ48形を形式ごとの図鑑で詳細ガイド。歴代カラーバリエーションもイラスト顔図鑑で、できるかぎり掲載します。グラフ企画は、「ありがとうキハ40 只見線最後の1日」。もちろん、今なおキハ40系が走る路線ガイドを充実紹介し、今のうちに乗っておきたい、この目に焼き付けておきたい車両として、キハ40系の世界を大特集しています。

 

 

 

 

キハ40形が走る景色を、もう見ることのできなくなったJR只見線の絶景をお届けします

巻頭では2020年3月13日がキハ40形のラストランとなったJR只見線をクローズアップ。「只見線、最後の1日」、そして奥会津郷土写真家の星賢孝さんの写真による「やっぱり只見線には、キハ40がよく似合う」をお届けします。年間300日以上も只見線を取り続けてきた、星さんの奇跡のカットの数々は必見です。

 

 

 

 

キハ40系が引退した、JR函館本線・JR羽越本線・JR磐越西線を走る雄姿も特集

JR只見線と同じく、この春でキハ40系の運行が終了した、JR函館本線(小樽~長万部間)、JR羽越本線、JR磐越西線の絶景シーンとキハ40系が走った軌跡を振り返っています。

 

 

 

 

キハ40系の車両のヒミツを徹底解剖

キハ40系の車両の特徴を、外観、連結器・スカート、内装、運転席、助士席、床下機器、台車と、細分化しつつとても詳しく紹介しています。

 

 

 

 

 

 

キハ40形、キハ47形、キハ48形の違いも分かりやすく解説しています

豊富な写真と、より違いが分かりやすくなる側面イラストを取り上げつつ、3つの形式の違いも丁寧に解説しています。

 

 

 

 

 

歴代のキハ40系のカラーを顔図鑑で紹介!

国鉄分割民営化の際に、JR旅客6社全社に承継された唯一の旅客車両となったキハ40系。JR化後はJR各社のオリジナルカラーに加え、地域や路線ごとに、また観光列車に改造されたりして、多くのカラーが登場した。その歴代カラーを『旅鉄BOOKS 電車の顔図鑑』シリーズの電車の顔イラストで紹介しています。

 

 

 

 

 

今のうちに乗っておきたい! 現役でキハ40系が走る絶景路線を一挙公開!

今でもキハ40系が走る路線を紹介しています。写真は、沿線に広がる絶景区間の走行写真を選りすぐって構成、さらに運用されるキハ40系のカラーリングがわかるイラストアイコン付き、キハ40系との遭遇確率も★★★★★の5段階で表記しています。

 

 

 

『旅と鉄道』の執筆陣、カメラマンによる“キハ40愛”をお届けします

日本全国を走り続けた列車だからこそ、ひとりひとりにキハ40系との思い出も、キハ40系への思い入れがあります。そこで『旅と鉄道』の執筆陣、カメラマンにその思いのたけを綴っていただきました。

鉄旅タレント・木村裕子さん/鉄道カメラマン・佐々倉 実さん/俳優・ライター・谷口礼子さん/鉄道カメラマン・坪内政美さん/旅の文筆家・蜂谷あす美さん/鉄道カメラマン・、松尾 諭さん/鉄道写真家・持田昭俊さん/鉄道アイドル・伊藤 桃さん

 

 

 

【トートバッグ付き特別版販売】

本商品は「Amazon.co.jp」「書泉」「旭屋書店 なんばCITY店」の3店舗限定で、「キハ40」のイラストをデザインしたトートバッグを雑誌とセットで、税込み3,990円にて予約販売いたします。

 

このトーバッグも書泉はJR東日本、旭屋はJR西日本、AmazonはJR北海道と関連するキハ40を採用しており、各店1種類で計3種類準備いたしました。
 
 

※トートバッグ付き特別版は、好評により各店舗バージョンとも完売となりました。誠にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

September 2020

2020年9月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック