旅鉄BOOKS 025 木造駅舎紀行200選

 

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2020年2月19日
ISBN/JAN9784635822091
紙版価格本体1,800円+税
電子版価格本体1,440円+税
 ページ数 160ページ

 

【内容紹介】

日本の鉄道の多くが、明治・大正・昭和初期に開業しています。
その当時に建てられたままの駅をはじめとして、令和の現在にあって今なお木造の駅を取り上げた1冊です。

折しも「東京オリンピック・パラリンピック競技大会2020」を機に、山手線唯一の木造駅舎である原宿が大会後に解体されるというニュースが話題になりました。
趣はあるけれども維持も難しいため、その存在はとても貴重なものになりつつあります。

そこで、列車からぜひ降りて、懐かしさを感じる駅舎のその空間に身を置いて、歴史を、木造の美しさを肌で感じて欲しい! 
そんな、今のうちにぜひ旅に出かけて降りて欲しい木造駅舎を、200駅選りすぐって紹介した1冊です。

 

【本書のポイント】

 


★巻頭特集は原宿駅、国立駅、高尾駅と、東京の3つの木造駅舎
解体が決まった、山手線でも数少ない木造駅舎である原宿駅を特集。
1924(大正13)年に建てられて以来、その姿を変えずに若者の街、原宿の玄関口としてその姿をとどめてきた、美しき駅舎を切り取っています。

 

 

 

★より美しく見られるポイントはクローズアップした写真で構成
「最近は駅舎を楽しむ女性も増えている。スマホ時代らしい駅の見方もある。そこで木造駅舎は全景だけではなく、その駅らしい美しいポイントをクローズアップして見てもらいたい」そんな著者の思いから、駅舎紹介は、全景だけではなく、様々なアングル角度から撮影した写真で構成しています。

 

 

 

コラムで地域の特徴もよく分かる

コラムでは各エリアごとの木造駅舎について、歴史背景、特徴、傾向などをわかりやすくまとめています。

 

 

【目次】


●1924~2020 原宿駅、木造駅舎の96年
●北海道・東北40選
●関東・甲信越44選
●東海24選
●北陸・近畿 36 選
●中国28選
●四国・九州25選
●地域の木造駅舎ものがたり

 

 

 

【著者紹介】

 

◆杉﨑行恭(すぎざき・ゆきやす)
フォトライター。1954年、兵庫県生まれ。旅行雑誌や鉄道雑誌を中心に執筆。特に駅と駅舎をライフワークとする。著書に『訪ねておきたい名駅舎 絶滅危惧駅舎』( 二見文庫 )、『廃線駅舎を歩く』(交通新聞社)などがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

November 2020

2020年11月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック