お詫びと訂正

 旅と鉄道2018年7月号の109頁に誤りがありました。 芦原伸著...

【旅と鉄道2018年7月号 】観光列車はしご旅

観光列車旅を最高に楽しむ アマゾンでのチェックはこちら  【旅と鉄道2018年7月号...

特急マーク図鑑 列車を彩るトレインマークが発売!

アマゾンでのチェックはこちら! 旅鉄booksから364種類のトレインマークを網羅した書籍が登場!1978年から電車特急、翌79年からブルートレインでイラスト入りのトレインマークが採用されました。列車名にちなんだカラフルなイラストは、ブルトレブームやエル特急ブームに拍車をかけました。本書は、イラストレーター・松原一己氏が作成したトレインマークの中から、特急のトレインマークを50音順で掲載した大事典です。鮮やかで美しく、そして懐かしいマークの掲載点数は364点! 昼行・寝台・臨時の各特急のトレインマークを、文字マークからヘッドマーク、ボンネット形といった形状の違いだけでなく、イラストの微細な差違まで精密に描き分けています。本文では、列車の略歴や愛称名の由来、トレインマークの見どころなどを解説。コラムでは急行のトレインマークや車体のロゴマークなども掲載しています。 発売日: 2018/5/17定価...

遠州鉄道×OJICO コラボレーションTシャツ発売!

懐かしの車両「あかでん」 「楽しくないTシャツなんて、欲しくない。」をテーマに思わず遊び心満載のTシャツを手掛けるOJICO(オジコ)。今回は遠鉄百貨店30周年を記念し遠州鉄道とのコラボレーションが実現し「遠州鉄道×OJICOコラボレーションTシャツ」を発売した。懐かしの「あかでん」30形(モハ25号編成)をメインに、うなぎや浜松城、はたまた家康まで、浜松周辺エリアにちなんだモチーフが描かれている。女性はもちろんお子さんまで楽しめるサイズ展開は2世代、3世代のファミリーでも楽しめそうだ。 「遠州鉄道×OJICOコラボレーションTシャツ」〇カラー ライトグレー、チャコールグレー〇サイズ 子供90cm~155cm...

秩父鉄道「わくわく鉄道フェスタ2018」

 毎回大好評!今年で14回目!SL動輪磨き体験でパレオに触れよう!イベント限定グッズを手に入れよう秩鉄&東武の車両展示来場記念トートバッグ(イメージ)普段は入ることができない広瀬川原車両基地を開放した「わくわく鉄道フェスタ」が今年も開催される。会場への臨時直通列車の運行をはじめ、東武鉄道保有「8000系車両」展示、新色に塗り替えた電気機関車のお披露目等のほか、様々なイベントが用意されており、大人も子供も楽しめる催しが目白押し。イベント限定のオリジナルグッズ販売などもあり、秩鉄ファン垂涎の掘り出し物が見つかるかも。先着3,000名には来場記念品(トートバッグ)が用意されており見逃せない。【わくわく鉄道フェスタ2018】日時:2018年5月19日(土)10:00~15:00会場:秩父鉄道...

ありがとうL特急 45年の軌跡のすべて

 アマゾンでのチェックはこちら2018年3月17日、45年の歴史に幕が下りた懐かしのエル特急全79列車を172点の写真で振り返る1972(昭和47)年10月2日のダイヤ改正で、「さざなみ」「わかしお」「ひたち」「ひばり」「とき」「あさま」「つばめ」「はと」「しおじ」の9列車が指定されたことから、その歴史がはじまった“エル特急”。ダイヤをパターン化した毎時同分発着、より利用しやすい自由席の設置、本数の多さをキーワードに、多くの特急が指定され、旅にビジネスにと隆盛を誇りました。特にトレインマークが絵で表現されたことで、1970年代には“エル特急”ブームを巻き起こしました。しかし2000年代になるとJR各社から名称の廃止が始まり、ついに2018(平成30)年3...

本州のお花見のフィナーレ、弘前さくらまつり2018

100周年を迎える節目をその目に焼き付けよう国の重要文化財である弘前城のお膝元に広がる弘前公園。約49万2000平方メートルの地が今年も桜色に染まる。日本一と称される「弘前さくらまつり2018」は今年で100周年を迎え52品種、約2,600本もの桜が次々と咲き、なかには樹齢100年を超すものもあるという。満開の桜はもちろん、花吹雪や「死ぬまでに行きたい!世界の絶景」にも選ばれた「花筏」(はないかだ)など様々な表情を見せる風景は圧巻だ。100周年を迎える今年は新企画「弘前さくら桟敷席」が実施され、津軽三味線の生演奏を聴きながら、特製のお花見弁当と地酒を堪能することもできる。また期間中は「夜間特別照明」も実施され、昼も夜もさくらを楽しむことができる。東北新幹線を利用すれば東京から約4時間で別天地に到着。4月下旬から5月のGWいっぱいまで楽しめる「弘前さくらまつり2018」。城下町・弘前が華やぐ季節を楽しみに行こう!☆弘前さくらまつり2018☆[会期]2018年4月21日(土)~5月6日(日)[会場]弘前公園(国指定史跡「弘前城跡」) ★★★100周年連携企画「さくら桟敷」★★★【開花情報や最新情報は弘前観光コンベンション協会まで】

「スーパーカブ50」
モニター募集クイズ 当選者発表

「旅と鉄道」誕生60周年を迎えたホンダ「スーパーカブ50」 モニター募集クイズ当選者発表のお知らせ累計生産台数1億台突破した世界的人気車種のスーパーカブモニター募集クイズへ多数のご応募いただきましてありがとうございました。厳正な抽選を行い、下記の1名様にご当選されました。埼玉県 山本 様おめでとうございます。今後も引き続き「旅と鉄道」をご愛顧くださいますようにお願い申し上げます。2018年3月23日 (株)天夢人 「旅と鉄道」編集部

「旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングオープンデー」が今年も開催

今年から月1回の定期開催!昭和60年3月末に廃止となった国鉄倉吉線。廃線後30年以上を経るが今でも一部区間でレールやホームが当時のまま残され、レールの上を歩くトレッキングコースとして廃線ファンやトレッキング愛好家に人気を博している。普段は団体(15名以上)受付のみだが、個人単位でも参加可能な廃線跡トレッキングオープンデーも開催、今年からは月1回の定期開催となり、より利用しやすくなる。毎月第3日曜日に専属ガイドの案内により竹林や通常は立ち入りできない山守トンネルなど、昔懐かしい風景を楽しむウォーキングを体験できる。日本の原風景と倉吉線の往時に思いを馳せるトレッキングツアーをぜひ味わおう。[旧国鉄倉吉線廃線跡トレッキングオープンデー]催行日:4/15、5/20、6/17、9/16、10/21、11/18(雨天決行)※要事前予約スタート時間:10時最少催行:10名(申込人数が10名に満たない場合は催行中止)料金:1名...

旅と鉄道2018年5月号 廃線紀行 復活するロストライン! 

アマゾンでのチェックはこちら【特集】廃線紀行...

秘境駅の謎

人気の秘境駅特集を一冊に凝縮した単行本が登場!『旅と鉄道』本誌でも、売上好調テーマの秘境駅。これまで4回にわたって特集してきたなかから、記事を再編集してまとめました。秘境駅訪問家の牛山隆信や、地図研究家今尾恵介による熱筆ルポを掲載。秘境駅のすべてが集約された1冊です。●飯田線大研究●今こそ行くべき秘境駅●秘境駅の旅に出よう●最後の三江線 アマゾンでのチェックはこちら!

2号に渡る旅鉄アニメ特集が一冊に!完全保存版 アニメと鉄道!

【2回にわたる「アニメと鉄道」特集をB5判変型サイズに集約】鉄道シーンを美しく描いたアニメ作品を一挙紹介する1冊。巻頭特集では「君の名は。」の名シーンを迫力あるグラビアで特集。「君の名は。」の監督、新海誠作品をはじめ、アニメが描いた印象に残る鉄道が続々と登場し、誌面にあの名シーンがよみがえる1冊です。表紙は「君の名は。」のワンシーン、代々木駅中央緩行線ホームのベンチに座るヒロインの三葉が目印です。本書は完売となった雑誌『旅と鉄道』の2017年5月号「鉄道×アニメ聖地巡礼」と、発刊早々に増刷となった『旅と鉄道』2017年増刊12月号「アニメと鉄道」より記事を抜粋し、B5変型判の単行本として再編集した単行本になります。アマゾンでのチェックはこちら!  【新海誠が描く美しい鉄道シーン】君の名は。ほしのこえ雲のむこう、約束の場所秒速5センチメートル星を追う子ども言の葉の庭 【鉄道シーンを探して聖地巡礼】「この世界の片隅に」の舞台 広島・呉へすずさんが乗った鉄道を探してマイマイ新子と千年の魔法ラブライブ!...

鉄道King Vol.4 新幹線のヒミツ65

【スマートフォンを誌面にかざすと、写真の新幹線が高速で走りだす!...

SL人吉が今年もまもなく始動!

 オリジナル弁当&グッズ販売!JR九州のD&S列車「SL人吉」が、運行開始10年目を迎える今年、さらに多くのお客さんに楽しんでもらおうと新たなオリジナルグッズとSL車内で販売するお弁当をリニューアルする。SL人吉のシルエットが描かれた「オリジナルタオル」「オリジナル缶バッジ」と、地元・熊本の老舗洋食屋である「五車堂 本店」による九州の食材が詰まった「86弁当」が車内販売の商品に仲間入りする。販売開始は運行開始日の2018年3月17日となる。地元にも全国にも愛される「SL人吉」に乗りに出掛けよう![86弁当]販売価格:1,200円(税込)販売列車:SL人吉(人吉行きのみ)     ※人吉発熊本行きでの販売はなし。数量限定。予約販売受付:乗車日の1ケ月~2日前まで(平日9~18時 土日祝日除く) [お問い合わせ先]...

旅鉄BOOKSから発刊!「寅さんの列車旅 」

映画『男はつらいよ』シリーズに登場する鉄道シーンを一挙紹介。今や廃止されてしまった地方のローカル線や蒸気機関車、夜汽車など昭和の鉄道シーンが『男はつらいよ』には数多く残されています。そこで本書では“テツ”流の映画の楽しみ方を提案します。また、寅さんが旅した町や、葛飾柴又など作品に登場する舞台にも実際に訪れ、現代の“寅さんの聖地”の様子も紹介していきます。このほか、映画から学ぶ昭和の暮らしや、詩人で哲学者な旅人・寅さん流の人生論などを掲載。もちろん全48作のあらすじや見どころなども紹介します。新規原稿を加え、読み応え満点の1冊です。  もくじ・第1章...

レールマウンテンバイク「Gattan Go!!」に新コース誕生

旧神岡鉄道の赤い橋第2河原橋梁を渡ろう!廃線鉄路をマウンテンバイクで走る、非日常感覚アトラクション“GattanGo!!”。旧神岡鉄道の奥飛騨温泉口駅から神岡鉱山前駅までを走る『まちなかコース』に加え、漆山駅から二ツ屋トンネルまでを往復する前兆6.6kmの『溪谷コース』が誕生。鉄道時代の絶景車窓を彷彿とさせる爽快でスリル溢れるコースだ。コース内には通称“神岡鉄道の赤い橋”第2高原橋梁を渡ることができ、かつての神岡鉄道の車窓から見えた絶景を堪能できる。開業12年目の新コース誕生、ぜひ一度味わいに行こう。[名称]レールマウンテンバイクGattanGo!!『溪谷コース』[開始日]平成30年4月21日(予定)[予約開始]インターネット予約:2月22日...

『旅と鉄道』2018年増刊4月号「寅さんの鉄道旅 人情と聖地巡礼編」

【豊富なシーン写真と、人情あふれるセリフで、寅さんが乗った鉄道シーンが誌面に蘇る】2012年10月に発刊し好評だった、映画『男はつらいよ』の鉄道シーンを取り上げた「寅さんの鉄道旅」の第二弾がついに発売! 今回は寅さんの言葉と、寅さんが乗った鉄道、降りた駅、旅をした舞台を特集した「人情と聖地巡礼編」。列島各地へと鉄道に揺られて旅をしては人と出会い、恋をして、笑いと涙を誘った寅さんの人情あふれる言葉を中心に誌面を構成。松竹株式会社の協力の元、映画のシーン写真をふんだんに掲載しているので、誌面に寅さんの世界が蘇ります。 →アマゾンからの購入はこちら寅さんの故郷、葛飾柴又を特集第一章は2018年2月13日に都内では初となる国の「重要文化的景観」に選定されたばかりの、寅さんの故郷であり『男はつらいよ』の舞台となる葛飾柴又を特集。第6作「純情篇」で描かれた、柴又駅での寅さんとさくら(倍賞千恵子)の“赤いマフラーの別れ”など、柴又駅での名シーン、名ゼリフを取り上げています。もちろん、帝釈天、『男はつらいよ』ゆかりの参道の名店、「寅さん記念館」にも詳しく迫り、今にも寅さんが旅先から帰ってくる足音が聞こえてきそうな誌面構成となっています。 寅さんが旅をした地へ列車で旅する“寅鉄”の旅が満載各地を旅して啖呵売を行うテキヤ稼業の寅さんは、人生が旅そのもの。“新幹線は速すぎて目が回る”という寅さんの移動はもっぱらローカル線。そこでローカル線でめぐる寅さんの舞台を訪ねる旅を特集。島田に架かる蓬莱橋で“女難の相”を指摘される第22作「噂の寅次郎」の舞台となった大井川鐵道には、評論家の川本三郎さんが旅に出ました。そのほか『男はつらいよ』シリーズで最後のローカル線の登場となる第48作「寅次郎紅の花」の舞台、寅さんがきっぷを買うJR因美線美作滝尾駅や、津山、中国勝山をめぐりラストシーンの神戸へと向かうJR姫新線の旅、第17作「寅次郎夕焼け小焼け」で芸者ぼたん(太地喜和子)と出会う龍野の旅、第46作「寅次郎の縁談」で満男(吉岡秀隆)を追って訪ねた琴島の舞台となった瀬戸内の志々島、高見島と、八栗ケーブル、ことでんを結ぶ讃岐の旅を掲載。物語の舞台となり寅さんが歩いた地を訪ね、現地で出会った人々に『男はつらいよ』ロケの思い出や、故・渥美清さんの当時の様子などを取材しています。 豊富なシーン回想で、寅さんの“鉄道名言”が続々登場!寅さんにとって出会いと別れの場だった駅での名シーンや、のんびり走るローカル線車内での車掌や乗客とのコミカルなやりとりを、映画のセリフ、シーン写真とともに振り返っています。とことん鉄道シーンにこだわった“鉄道名言集”の特集です。 『男はつらいよ』シリーズ全48作品の世界は“鉄道シーン度”別に紹介全48作品を鉄道シーンの見どころの多さ順に★★★、★★、★と3ランクの“鉄道シーン度”別に紹介。作品中に出てくる鉄道シーンを取り上げています。アマゾンで詳細をチェックContents寅さんの鉄道写真館第一章 葛飾、柴又です。寅さんの旅はいつもここから…… 京成金町線柴又駅涙と笑い、出逢いと別れの柴又駅京成金町線に乗ろう寅さんの愛した故郷・柴又の人々柴又駅から、寅さんぽ「寅さん記念館」へ行こう「下町日和きっぷ」で柴又へ 第二章 寅さんの、聖地巡礼大井川鐵道を寅鉄旅へ寅さんの降りた駅 その1 郷愁誘う上野駅から旅へその2 駅の名シーン回想録寅さんを追って姫新線の旅 その1 「寅次郎紅の花」の舞台へ姫新線の旅路 その2 「寅次郎夕焼け小焼け」の龍野探訪讃岐路に探す寅さんの足跡五能線へと寅さんの人情旅を追う『男はつらいよ』ロケ地巡礼ローカル線は言葉もはずむ寅さん車内名言&迷シーン 第三章 『男はつらいよ』全48作品の鉄道世界「男はつらいよ」は、昭和の鉄道映画でもあった。鉄道シーン★★★の作品鉄道シーン★★の作品鉄道シーン★の作品寅さんの最新情報をチェックしよう...

『旅と鉄道』増刊2018年4月号  お詫びと訂正

 小社出版の『旅と鉄道』2018年増刊4月号、P126「寅さんの最新情報をチェックしよう」におきまして下記2点の誤りがございました。お詫びして訂正します。 ①『男はつらいよ(寅さん)』公式facebook正)facebook...

『旅と鉄道』を読んでホンダ「スーパーカブ」が当たるモニター企画実施中

モニター企画実施中『旅と鉄道』を読んで「スーパーカブ」が当たるモニタープレゼントにはもう応募されましたでしょうか?ホンダ「スーパーカブ」は間もなく生産台数が1億台を突破するモデルです。 モニタープレゼントの応募方法は、『旅と鉄道3月号』本誌103ページに掲載してあるクイズに答え、回答にアンケートを添え、『旅と鉄道』編集部まではがきをお送りください。 この機会に「スーパーカブ」を手に入れ、バイクで行く廃駅・廃線の旅を味わいましょう! 『旅と鉄道3月号』はこちら!http://www.tabitetsu.jp/magazine/

2月17日開催「けんかつ鉄道フェア2018」

今年で第七回目!体験やグルメが盛りだくさんのイベント「けんかつ鉄道フェア」が今年も開催される。埼玉県内のすべての鉄道会社がブース出展しオリジナルグッズを販売するほか、スタンプラリー、全国の駅弁即売など、鉄道ファンならずとも楽しめる催しが開かれる。鉄道を通じて埼玉県の観光や鉄道を知ることで、より理解を深めることを目的とした「けんかつ鉄道フェア2018」。 [開催日]2018年2月17日(10~15時)[会場]埼玉県県民活動総合センター(埼玉県伊奈町内宿台6-26)[主催]公益財団法人いきいき埼玉[主な出展]鉄道模型(HOゲージなど)の展示・実演...

『鉄道写真が語る昭和』 (旅鉄BOOKS)

鉄道を通じて昭和を知る一冊「旅と鉄道」編集部から「鉄道写真が語る昭和」...

『旅と鉄道』3月号 
お詫びと訂正

 小社出版の『旅と鉄道』2018年3月号、P86「JR観光列車カレンダー」におきまして下記3点の誤りがございました。お詫びして訂正します。 ①右上「はやとの風」の紹介記事誤)2018年3月に引退予定正)2018年3月のダイヤ改正から土・日・祝日と繁忙期を中心とした年間210日の運行に変更 ②JRKYUSHU...

『旅と鉄道 3月号 おいしい途中下車』

 2018年の『旅と鉄道』はグルメ鉄でスタート『旅と鉄道』2018年3月号では、鉄道に乗って巡るグルメ旅を大特集します。鉄道の旅の魅力は、各地のおいしいものが食べたい!...

『夜行列車よ永遠に』発売 (旅鉄BOOKS)

天夜行列車の魅力を詰め込んだ一冊 かつては日本列島を網の目のように行き交っていた夜行列車。現代ではその数は少なくなったが、その魅力は今も多くの人を惹きつける。1月19日に発売される書籍『夜行列車よ永遠に』では、ブルートレイン全盛期の人気列車から、記憶に残る名列車まで34列車の軌跡を記録。鉄道史における夜行列車の歩みとその魅力をクローズアップした。時間をより贅沢に使うことができる鉄道旅行の醍醐味がここにある。→アマゾンで詳細を見るもくじ第1章 往年の名夜行列車ルポ「トワイライトエクスプレス」「日本海」「あけぼの」第2章 今乗れる夜行列車ルポ「サンライズ出雲」第3章 「北斗星」クロニクル第4章 食堂車フォーエバー第5章 夜行列車アーカイブス第6章 夜を駆け抜けた名列車たち第7章 夜行列車の名コンビ 客車寝台と機関車  →お買い求めはこちら

食べて、見て、遊ぶ!明知鉄道グルメ列車

冬の味覚と絶景が楽しめる明知鉄道のグルメ列車が好評稼働中!地元の造酒屋岩村醸造のお酒が飲み放題の「枡酒列車」は温泉無料券と明知鉄道1日フリー乗車券が付くオトクさと花白温泉のおしゃれ弁当を賞味できる。 またモチモチの麦ご飯に、目の前ですられる地元産の自然薯をたっぷりと賞味できる「じねんじょ列車」もこの季節の人気グルメ列車。 冬の味覚を堪能する明知鉄道のグルメ列車、どこか懐かしい冬旅にぜひ出かけてみよう! 【枡酒列車】運行:2018年1月20日~3月24日の毎週土曜日(恵那駅12:22発 明智駅13:15着)旅行代金:4,500円(1名・税込み)定員:1輌30名【じねんじょ列車】運行:2017年12月1日~2018年3月31日の毎週火曜日から日曜日※祝日の月曜日は運行(恵那駅12:22発 明智駅13:15)旅行代金:4,000円(1名・税込み)定員:1輌30名 各列車とも定員になり締め切りとなります。ご予約はお早目に。 [お問い合わせ]明知鉄道株式会社TEL 0573-54-4101

KEIO×YAMASTAスタンプラリー開始

 山と溪谷社と京王電鉄がコラボした「KEIO×YAMASTA高尾山スタンプラリー」が1月15日(月)から開催される。京王電鉄の沿線にある高尾山を歩きながら、「ヤマスタ」という位置情報アプリでスタンプを集め、期間中にスタンプラリーを達成するとオリジナル缶バッジが手に入る。 鉄道ファンも登山ファンも楽しめるコースは2種類今回のイベントに参加できるコースは2種類。観光を楽しみながら気軽に周りたい人向けの「表高尾満喫KEIO×YAMASYAスタンプラリー」と、静かな山をガッツリ歩きたい人向けの「南高尾周遊KEIO×YAMASTAスタンプラリー」の2コースが用意されている。イベントに参加するには山と溪谷社が運営するスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」をダウンロードし、エントリーするだけ。スタンプラリーを通じて鉄道と登山を楽しみ、帰りは温泉で日ごろの疲れを癒してみてはいかがだろうか? アプリ「ヤマスタ」のダウンロードは下記のリンクをチェック!http://yamasta.yamakei.co.jp/ イベントの詳細はこちらhttp://yamasta.yamakei.co.jp/events_takao2018.html 

鉄道KING でAR 動画を見るときの注意

『鉄道KING Vol.3』に掲載しました動画の見かたをこちらでもご案内します。 まず、本誌の動画には2種類があります。 ARアプリで見る、AR動画QRコードをQRコードリーダーアプリで読みとり、YouTubeで再生する動画 AR動画の見方まず、①のARアプリで見るAR動画の見る方法を説明します。 Step1専用のアプリ「reAR...

JR30年物語 ~分割民営化からの軌跡~

 2018年1月5日に『JR30年物語...

『鉄道KING』 vol.3 私鉄特急大集合!発売

12月14日に『鉄道KING』の第3号が刊行されます!本号では、鉄道ファンの少年少女に人気の私鉄特急を特集しています。また、スマホを誌面にかざすと電車が走るAR、VRが見どころです!鉄分多めなお子様へのクリスマスプレゼントとしても最適です。書店で見かけた際にはぜひお買い求めください!アマゾンでのチェックはこちら!http://amzn.to/2yjHdVL 鉄道KING...

野岩鉄道冬キャンペーンが今年も開催!

抽選で温泉宿泊券ほか豪華賞品が当たる! 四季折々の自然美が楽しめる野岩鉄道。例年好評の冬キャンペーンが開催される。応募ハガキに野岩鉄道の駅員または野岩鉄道内の車掌から乗車証明スタンプ(入鋏印)を受けるだけの簡単な応募方法で豪華賞品を手にするチャンスが今年もやってくる。期間中は「湯西川温泉かまくら祭」をはじめとする冬ならではのイベントが野岩鉄道と沿線を盛り上げている。「トンネルを抜けるとそこは“本当の雪国”」。この冬は野岩鉄道に乗りに行こう![実施期間]2017年12月9日(土)~2018年3月9日(金) [主な賞品]□塩原温泉郷ペア宿泊券(1名)□鬼怒川・川治温泉ペア宿泊券(1名)□日光の特産品セット(10名)□那須高原の特産品セット(10名) ほか[応募方法]専用応募ハガキに乗車証明スタンプを受け必要事項を記入の上、郵送または野岩鉄道有人駅の「回収箱」に投函※専用応募ハガキは主要駅他で入手可能。詳しくは「こちら」から  お問い合わせ:野岩鉄道利用促進協議会...

首都圏を走る電車の図鑑絵本発売!

 2017年12月4日に『とうきょうの電車大百科 首都圏を走るカラフルな電車たち』が発売されます。 アマゾンでのチェックはこちらhttp://amzn.to/2zIhrvM...

お詫びと訂正
(2018年1月号)

小社出版の『旅と鉄道』2018年1月号につきまして下記の誤りがございました。お詫びして訂正いたします。 P101...

『旅と鉄道』2018年
1月号 発売

『旅と鉄道』2018年1月号は、懐かしさもあり、新しくもある夜汽車の世界を大特集した、「夜汽車よ、今夜もありがとう」 【SL夜汽車から、工場夜景電車、ムーンライトながら・信州、夜行列車まで、今楽しめる夜汽車を網羅!】『旅と鉄道』2018年1月号は、旅情あふれる夜汽車の世界を大特集。夜を走る列車だからこそ感じられる、旅の魅力をあますところなく紹介します。巻頭ルポでは年に数回しか運行されないという、とても貴重な夜を走る蒸気機関車「SL YOGISHA みなかみ」に乗車。また工場夜景の中を走る岳南電車の夜景電車にも乗車ルポを敢行。指定席券がプレミア化してなかなか手に入らない人気の夜行快速列車「ムーンライトながら」「ムーンライト信州81号」はイラスト連載「車内絵日記」の特別編としてお届けします。そのほか唯一の寝台特急となった「サンライズ瀬戸・出雲」の旅の指南や、JR線でもっとも深夜まで走る列車のランキング、昭和を走った夜行列車の記憶など、今も乗れる新しい夜汽車から、懐かしさあふれる夜汽車まで、とことん“夜”にこだわった鉄道シーンへと案内します。◎旅と鉄道の最新情報はこちらからも発信中『旅と鉄道』公式Facebook https://www.facebook.com/tabitotetsudo/『旅と鉄道』公式Twitter @tabitetsu_web 全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。...

現代美術と実験映画で表現した列車の旅

写真+列車=映画 大田区の「カマタ_ソーコ」にて映像展示  京浜急行沿線のカマタ_ソーコで列車をモティーフにした3名の作家の映像展を行う。特殊照明作家を自称する市川平は光源と影でできた彫刻的空間表現を行い、美術家の大洲大作は列車の窓をスクリーン化して「車窓」をメディアとも物質とも捉えられるものとする。光とスクリーンの間にはフィルムが必要だ。寡作だが重要な作品を残している瀬尾俊三の「フィルム・ディスプレイ」を迎え入れ、幻の実験映画作家の色褪せないテクニックとユーモアを現代の作家と対峙させる。 [内容]市川平 カサンドラクロス・ラストコンサートミクストメディア/2017 ほか数点大洲大作 Interurbanミクストメディア/2017...

完全保存版 西部劇を読む事典 芦原伸著

読めば西部劇がわかるようになる一冊11月3日に天夢人から新たに発刊された書籍のご紹介です。 唯一の西部劇事典本書では「駅馬車」「真昼の決闘」「OK牧場の決闘」などの名作、...

お詫びと訂正
(旅と鉄道12月号) 

小社出版の『旅と鉄道』2017年12月増刊につきまして、下記の誤りがございました。お詫びして訂正します。 P32.「ラブライブ!サンシャイン!!」のStory誤)2回生・高見千歌正)2年生・高海千歌 P33.本文左から6行目誤)高見千歌正)高海千歌 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ P51.「ガールズ&パンツァー 最終章第1話」のページ下部の画像のキャプション誤)どんな活躍を見せるのか、主人公のみなほたちが今回も楽しみだ。正)どんな活躍を見せるのか、主人公のみほたちが今回も楽しみだ。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ P62.「機動警察パトレイバーREBOOT」の文章(小見出し)誤)DD51形ディーゼル機関車に正)DD51形(?)ディーゼル機関車に (本文)誤)DD51形897号機に牽引されて正)DD51形897号機と思われる車両に牽引されて 誤)監督の意気込みを感じる正)作り手の意気込みを感じる (下画像キャプション)誤)DD51形897号機が牽引するパトレイバー正)DD51形897号機と思われる車両が牽引するパトレイバー ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ P76.作品タイトル部分誤)たまゆらシリーズ~hitotose~/~もだぐれっしぶ~/~卒業写真~正)たまゆらシリーズ~hitotose~/~もあぐれっしぶ~/~卒業写真~ 同左下写真のキャプション誤)~あぐれっしぶ~6話で尾道へ向かう電車の車内正)~もあぐれっしぶ~6話で尾道へ向かう電車の車内 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ P78.作品タイトル部分誤)うどんの国の黄金毛鞠正)うどんの国の金色毛鞠  謹んでお詫び申し上げます。 

駿河湾に沈む夕日に感動の車窓

SNS映え必至の絶景! 伊豆箱根鉄道が営業している十国峠ケーブルカーでは今年も夜間営業を実施する。十国峠山頂からは普段見ることのできない、冬の澄み切った藍色の空とオレンジの夕日が織りなす見事なグラデーション夕焼け、夕景に浮かび上がる富士山、そして日が沈めば煌くような夜景を堪能できる。感動と癒しの絶景をその目に焼き付けよう。 [運行日]2017年:11/25、12/2、12/9、12/16、12/23、12/242018年:1/6、1/13、1/20、1/27、2/3、2/10 [時間]ケーブルカー最終時刻:上り18:35・下り18:50...

「小浜線モニターツアーレポート」PART2

去る9月30日、10月1日に実施された「小浜線モニターツアー」レポートのPARt2をお届けします。第二回目は3コースで行われたサイクリングコースの中から上中駅を起点にした「若狭路と日本遺産を巡るBコース」の模様をお届けします。   まずは「若狭瓜割名水公園」へ。季節によっては約1万株のアジサイと菖蒲を堪能できる。同公園内にあり全国名水百選に選ばれている「瓜割の滝」でマイナスイオンをたっぷり浴びました。  途中、おしゃれな古民家カフェで休憩。店内はイラストや絵本、クラフト作品であふれる素敵なお店でした。「瓜割の滝」の水を使った深煎りコーヒーで疲れを癒します。    いよいよ熊川宿に着です。平成27年に熊川宿を含む鯖街道が「~御食国若狭と鯖街道~」として日本遺産に認定され、奉公所・番所・お蔵屋敷の跡が残る街道です。ちょうど翌日のお祭りの準備で活気あふれる街並みを堪能しました。  どこか懐かしい田園風景を進みます。途中、小浜線との並走も実現!若狭の風を感じながらのサイクリングは、アップダウンもありなかなかのものでしたがそこは電動自転車がアシストしてくれました。車上からの景観は普段と違う目線を感じさせてくれます。最後には疲れも吹き飛ぶ絶景がお出迎え。みなさん、若狭路はここでは紹介しきれない魅力であふれています。ぜひ一度自分の目で肌で感じてみてください。 

『旅と鉄道』が「駅メモ!」とコラボします!

 『旅と鉄道』が「駅メモ!」とコラボ決定!「駅メモ!」って!?駅メモ公式サイト キャンペーンページhttps://ekimemo.com/campaign  スマートフォン向けのアプリ「ステーションメモリーズ!...

「小浜線モニターツアーレポート」PART1

小浜線モニターツアーレポート『旅と鉄道』本誌では「おいでなわかさ路」と題して、JR小浜線沿線の観光情報を連載でお届けしています。連載に関連して、去る9月30日、10月1日の2日間、「小浜線モニターツアー」が開催されました。参加者は、関東や関西、地元・福井県の方を含め計20人の旅好き、鉄道好きのみなさん。JR敦賀駅に現地集合していただき、2日間にわたって小浜線沿線をサイクリングなどで楽しみました。旅鉄WEBではツアーの様子を2回に分けてレポートいたします。 朝10時、JR敦賀駅で集合した後は、ツアー行程の説明や注意点を参加者のみなさんにレクチャーさせていただきました。 地元のボランティアガイドさんの丁寧な説明を聞きながら、気比神宮にお参りいたしました。   徒歩で「敦賀赤レンガ倉庫」に到着。地元産の食材を使ったイタリアンをランチで楽しみました。いよいよ敦賀駅から小浜線に乗車。20名の参加者のみなさんは3グループに分かれ、別々の駅で下車していきます。 そのうちのひとつ、Aグループは美浜駅で下車。ここから電動アシスト付きレンタサイクルで三方五湖方面に出発!     アシスト自転車で楽々と三方五湖の隅々までサイクリング。さわやかな秋晴れの下、爽快なサイクリングとなりました。   3グループともサイクリングを終え、民宿「若狭の宿きよや」に到着。夜は大広間で若狭の海の幸を味わいました。参加者全員と地元スタッフも交え、鉄道の話や旅の思い出話で盛り上がり、夕食の後には若狭の日本酒をお供に二次会も……。 翌日はまず、田烏の集落でサバの糠漬け「へしこ」作り体験。へしこ作り名人の森下佐彦さんに一から教えていただきました。 その後は参加者それぞれが希望するコースで小浜の市内観光を楽しみました。古い町並みをのんびり散策したり、「御食国若狭おばま食文化館」で若狭塗の箸作り体験をしたり……。写真は遊覧船での「蘇洞門めぐり」のワンシーン。絶景の連続に参加者一同感動!  小浜の「まちの駅」で海鮮丼ランチを味わい、ツアーを振り返るアンケートにご記入いただきました。  最後は「旭座」前でみんなで記念撮影。充実した2日間とみなさんにもご満足いただけたようです。ぜひ、また小浜線に乗って若狭を訪れてリピーターになってください。 <PART1・完>

アニメと鉄道 10月28日発売!

  誌上初公開カットも満載! 鉄道が登場する人気アニメ、一挙84作品を掲載Amazonでのチェックはこちらhttp://amzn.to/2gxlByk <鉄道を美しく描くアニメ監督の世界へ>  ~~新海...

『旅と鉄道』11月号は「へんな鉄道!?」特集

アマゾンでのチェックはこちらへんな鉄道を大特集『旅と鉄道』11月号では、全国にある一風変わった車両や駅など、私たちがイメージする「鉄道の常識」に当てはまらない鉄道シーンを“へんな鉄道!?”として大特集しています。車両や駅舎、珍体験など、“へんな鉄道!?”のジャンル分け、楽しみ方のレクチャーを導入に、様々な“へん鉄スポット”を巡るルポやスポット探訪に役立つ情報も盛り込みました。  巻頭ルポは、ダーリンハニー・吉川正洋さん巻頭ルポは、ダーリンハニー・吉川正洋さんが四国を訪れ、一両編成の“四国新幹線”こと「鉄道ホビートレイン」に乗ってローカル線・予土線を旅します。予土線沿線の清流・四万十川の景観を楽しみ地域の魅力に迫るとても濃い2日間の旅。吉川さん本人が執筆した味わいある文章も必読です。 「へんな鉄道」を完全に網羅した保存版の特集そのほか、津軽半島の「真夏のストーブ列車」「津軽鉄道しんご列車」「巨大な土偶駅」を巡ったルポ、見た目がへんなユニーク列車、爆笑駅舎、珍体験列車、都会から行く「へん鉄日帰りコース」も掲載。1冊まるごと笑って元気になれる「へんな鉄道」を完全に網羅した保存版の特集となっています。書店で見かけられた際は、是非お手に取ってご覧ください! アマゾンでのチェックはこちら 

抽選で「或る列車」長崎コースにご招待

JR九州秋旅キャンペーンJR九州では「JR九州インターネット列車予約サービス」(以下、ネット予約)で「秋旅キャンペーン」を実施する。キャンペーン専用ページからエントリーのうえ合計3,000円(税込)以上のネット予約利用で、JRKYUSYU...

旅鉄BOOKSから新たに2冊が登場

『時刻表探検』に引き続き、「旅と鉄道」編集部がお届けする「旅鉄BOOKS」の第二弾、第三弾が9月15日に発売されます。前作に引き続き、鉄道を愛するすべての人に手に取っていただきたい書籍です。 電車の顔図鑑 JR線を走る鉄道車両 鉄道イラストの大家...

旅と鉄道 2017年増刊10月号

 50歳からの旅と暮らしを、もっと豊かに 大人の休日倶楽部のすべて「旅と鉄道」2017年増刊10月号では、50歳からの旅と暮しがもっと楽しくなる、JR東日本の旅行会員組織「大人の休日倶楽部」を1冊丸ごと大特集しています。JR東日本のきっぷが割引になる方法や、新幹線も特急も含めJR東日本に4日間乗り放題でたったの1万5000円!...

国鉄青春日記 昭和車掌の〝人情〟物語

 古き良き昭和の国鉄物語が旅鉄BOOKから登場 檀上完爾が復員後、国鉄に勤めはじめた17歳、東北本線水沢駅での体験から始まる、貴重な鉄道人生を描いた青春日記。 踏切警手見習いから、普通列車車掌、優等列車車掌、広報課へと歩んだ著者の国鉄人生が、温かな人情物語とともに刻まれています。 そのほか運行中の特急列車車中で起こったエピソードを描いた「特急車掌の物語」、ブルートレインブームの時代のできごとをまとめた「ブルートレイン黄金時代」など、古き懐かしき昭和の国鉄物語がもりだくさんの1冊です。 国鉄青春日記...

電車の顔図鑑 JR線を走る鉄道車両

 時刻表探検に続く、旅鉄ブックス第二弾鉄道精密イラストの第一人者・江口明男氏が描く、JR線を走る「電車の顔」にこだわったイラスト集。JR7社の現有形式と、鉄道史に残る国鉄の名車、計198形式484両の顔が鉄道模型スケールで並ぶ大図鑑。人気の新幹線からカラフルな通勤電車、ローカル線を走るディーゼルカー、さらに山手線と大阪環状線の最新形式まで、鮮やかなイラストがズラリと並ぶ一冊です。今を走る車両だけでなく、鉄道史に名を残す名車両は、各項目に読み物として取り上げ、鉄道車両の進化・歩みについても理解を深められます。イラストはすべて鉄道模型スケール。大きなものは縮尺1/45のOゲージ、中サイズは1/80(新幹線は1/87)のHOゲージ、小サイズは1/150(新幹線は1/160)のNゲージスケールで収録。2017年4月1日現在のJR7社の所属形式をほぼ収録。タイトルは「電車の顔図鑑」ですが、気動車や機関車、客車も取り上げています。 電車の顔図鑑...

「小浜線モニターツアー」開催決定! 【9/30から10/1】1泊2日  現地集合・現地解散……現地までの交通費のみ参加者負担です。

若狭湾の観光スポットを満喫!夕食は漁師民宿で海の幸を味わえます!    小浜線を利用しながら若狭路を楽しむモニターツアーが今秋に開催されます。事前アンケートや現地視察やツアー後の懇談会などを行い、若狭エリアの「今」を知り、より魅力ある「未来」を創造するツアーです。   ◇日程:2017年9月30日~10月1日の1泊2日◇参加者費用負担:集合場所・JR北陸本線敦賀駅までの往復交通費◇概要:小浜線沿線を4エリア(予定)に分けグループツアー◇対象:20才~(1人単独もしくは2人ペア)◇最少催行人数:20名◇参加条件:・小浜線が好き! 若狭が好き! 福井県が好き!という方         ...

豪華景品を当てよう!「撮って!泊まって!信州の絶景&宿泊キャンペーン」

 長野県内宿泊施設無料宿泊券や信州産フルーツ詰め合わせなど豪華景品をプレゼント!デスティネーションキャンペーン真っ只中の長野県では、7月1日から9月30日に県内の宿泊施設を利用した方を対象にした「撮って!泊まって!信州の絶景&宿泊キャンペーン」を実施している。県内の宿泊施設の領収書と、信州の絶景写真を添付し応募した方の中から抽選で長野県内宿泊施設無料宿泊券や信州産フルーツ詰め合わせなどをがもらえる。さらに!7月、8月、9月のプレミアムフライデーに信州に宿泊された方にはダブルアップチャンスとして信州DCのテーマに沿った豪華景品をプレゼント!この夏は信州で泊まって豪華景品をゲットしよう!※応募についての詳細こちらまで  宿泊対象期間:7月1日(土)~9月30日(土)(申込期限10月10日(火)必着)お問い合わせ:信州キャンペーン実行委員会事務局(長野県観光部観光誘客課内)TEL:026-235-7254 キャンペーンポスターはこちら

養老ファンにはたまらない

 岐阜県と愛知県をまたぎながら揖斐川沿いをトコトコ走る養老鉄道。様々なアイデアを駆使しオリジナルグッズを展開している同社から4月1日より養老鉄道の車両をイメージしたクリアファイルが登場。マルーンレッド・ラビットカー・センロクが車体カラーと共にデザインされ普段使いもできるかわいらしい仕上がりだ。桑名駅を除く養老鉄道全有人駅ほか薬膳列車車内、大垣市奥の細道結びの記念館内にある芭蕉庵などで購入が可能。養老鉄道ファンでもそうでなくても今すぐ手に入れよう。  販売価格:1枚300円(税込)、3枚セット800円(税込)種類:マルーンレッド、ラビットカー、センロクお問い合わせ:養老鉄道株式会社 0584-78-3400(平日9~18時)養老鉄道公式HP

すべての鉄道好きに捧げる!(旅と鉄道編集部) 『時刻表探検 数字に秘められた謎を解く』が7月18日発売!

 アマゾンでのチェックはこちら「旅と鉄道」編集部が鉄道ファンにむけて放つ単行本第一弾一見無機質な数字の並びに見える時刻表……...

版元変更のお知らせ 

お知らせこれまで朝日新聞出版から発売しておりました『旅と鉄道』が、2017年7月21日発売の2017年9月号(通巻50号)から山と溪谷社発売に変更になりました。それにともない、朝日新聞出版発売の2017年7月号(通巻49号)とすべてのバックナンバーの出荷が2017年7月20日をもって終了となりました。2017年9月号以降の問い合わせは以下にお願いします。発行・編集は引き続き天夢人です。商品・内容に関するお問合せ先天夢人 旅と鉄道編集部 ℡03-6413-8755 ttweb@temjin-g.com書店・取次からのお問合せ先山と溪谷社 TEL03-6744-1904 FAX03-6744-1928乱丁・落丁のお問合せ先山と溪谷社カスタマーセンター ℡03-6837-50182017年7月20日 株式会社天夢人「旅と鉄道」編集部

本日発売開始!8月も特急「ゆふいんの森」「ゆふ」は運転実施!

九州は元気です! この7月の九州北部豪雨の影響がありながらも、この夏「ゆふいんの森」「ゆふ」は運転を実施します。 一部、時刻や運転区間が変更されているが、夏休みの九州旅行にはぜひ組み込みたい鉄道旅だ。 8月1日から発売される「GO!GO!!おんせん県おおいたきっぷ」を利用すれば別府・大分・由布院エリアの周遊がさらにおトクになる。温泉も自然も、もちろん列車も楽しめる九州の旅。この夏は九州に出掛けよう!  「ゆふいんの森」...

『旅と鉄道』3月号
モニタープレゼント

ホンダ「スーパーカブ」が当たる!『旅と鉄道』3月号モニタープレゼント  『旅と鉄道』「バイクで行く廃駅・廃線めぐり」特集内でのホンダ「スーパーカブ」が当たるモニタープレゼントにはもう応募されたでしょうか?ホンダ「スーパーカブ」は、世界生産累計台数1億台を突破したモデルです。 モニタープレゼントの応募方法は、『旅と鉄道3月号』本誌の103ページに掲載されているクイズに答え、その回答と下記のアンケートを添え、『旅と鉄道』編集部まではがきでお送りください。この機会に「スーパーカブ」を手に入れ、バイクで行く廃液・廃線の旅を味わいましょう!  ★『旅と鉄道』モニタープレゼントスーパーカブがあなたの手に!...

July 2018

2018年7月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • 鉄道KING
  • メモリアルブック