第4回 東北の保存鉄道に乗ろう!

グルン、グルン、ボボッ、ボボッー。エンジンの回転が高まると、車両の中央から白い排煙が勢いよくはき出された。すると、小さなレールバスが咳き込むように走り出す。走行距離はわずかだが、涼やかな風が吹き抜ける軌道は気持ちいい。東...

第3回 日本一の豪雪地帯・栄村、飯山線「復興支援列車」で行こう

 千曲川に抱かれた北信の豪雪の里、栄村。東日本大震災に誘発された長野県北部地震(2011年3月12日発生、マグニチュード6.7)で、家屋や橋の損壊、田んぼの亀裂など、生活基盤に大きな被害を受けた。罹災から2年を経て、よう...

第2回 東北の鉄道で渓流三昧!

 アングラーにとって東北は“渓魚の聖地”である。身近な関東や中部の山々は、よほどの高山か源流域でもないかぎり盛夏の釣果は期待できない。水温がヤマメやイワナの適水温を超えてしまい、渓魚たちの活性が低下してしまうからだ。とこ...

第1回 震災から甦った駅弁たち

三陸地方沿岸部の駅弁も調製元や水産会社が被災し、とても駅弁販売をできるような状況ではなかった。このような状況下でも地元の人たちの懸命な取り組みにより、徐々に復興の道を辿っている。そのような三陸地方の元気な駅弁たちを、ここ...

November 2020

2020年11月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック