旅鉄BOOKS 030 鉄道遺産をめぐる

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2020年9月16日
ISBN/JAN9784635822459
紙版価格本体1,800円+税
電子版価格本体1,440円+税
 ページ数 160ページ

 

 

 

【内容紹介】

豊富な写真とともに、鉄道旅の世界や、鉄道史、鉄道車両図鑑などをテーマに刊行している天夢人の「旅鉄BOOKS」シリーズ。

記念すべきその第30冊目は『鉄道遺産をめぐる』。明治5年からの日本の鉄道の長い歴史の中で、昔のままの姿をとどめた、駅、橋梁、トンネル、車両など、往時の技術の高さを今に伝える“鉄道遺産”を美しい写真とともに解説した1冊。世界遺産、国の重要文化財、国の登録有形文化財、鉄道記念物、近代化産業遺産、準鉄道記念物に指定された鉄道遺産約400のリストも掲載した、鉄道遺産の完全保存版です。

 

鉄道遺産について、カテゴリーピラミッド、探しかた、歴史を知るなどのテーマで、魅力を深掘りしています

 

 

【第1章 鉄道遺産図鑑】ではテーマ別に鉄道遺産の数々を掲載

鉄道橋、名駅舎、絶景遺産、現役車両、保存車両の5つのテーマで鉄道遺産を取り上げて図鑑として紹介しています。また鉄道遺産の宝庫である「博物館 明治村」にある鉄道展示物を徹底紹介しています。

 

 

【第2章 鉄道遺産をめぐる旅】は鉄道遺産群の旅へとご案内

天竜浜名湖鉄道、旧北陸鉄道トンネル群、信越本線旧線跡の碓氷峠と、3つの鉄道遺産群を訪ねる旅の世界へと案内しています。木造駅舎や、転車台など多くの鉄道遺産が残る静岡県の天竜浜名湖鉄道へは、鉄道ファンとして知られるタレントの吉川正洋さん(ダーリンハニー)によるルポルタージュを掲載しています。

 

 

【第3章 鉄道遺産路線】では多くの鉄道遺産を有する鉄道路線を紹介

駅舎や鉄橋など、多くの鉄道遺産があるローカル線を、路線ごとに紹介。沿線すべての鐡道遺産を掲載しているので、途中下車の旅のプランなどに役立ちます。

 

 

応援企画としてJR肥薩線のルポを特別掲載しています

2020年7月の豪雨により、熊本県球磨川流域を走るJR肥薩線が甚大な被害を受けました。肥薩線には木造駅舎や鉄橋、機関庫など多くの鐡道遺産があります。復興への願いを込めた応援企画として、被災前にノンフィクション作家の髙山文彦さんが旅をした、ルポルタージュを掲載しています。

 

目次

◆たまらなく探したくなる鉄道遺産 

◆鉄道遺産のピラミッド 

◆鉄道遺産の探しかた 

◆鉄道の歴史を知ると鉄道遺産はますます面白い

 

【第一章 一度はその目で見ておきたい鉄道遺産図鑑】

◆年代物の鉄道橋梁

◆時を刻んだ名駅舎

◆絶景鉄道遺産に迫る

◆走り続ける鉄道遺産

◆博物館の保存車両 

◆博物館 明治村 完全制覇 

 

【第二章 途中下車で、廃線歩きで楽しむ、鉄道の歴史旅 鉄道遺産をめぐる旅】

◆天竜浜名湖鉄道の旅

◆今庄〜敦賀間 旧北陸本線トンネル群を行く 

◆碓氷峠の廃線跡を冒険する 

 

【第三章 多くの歴史的建造物が残る、ローカル線へ鉄道遺産路線】

◆わたらせ渓谷鐵道 

◆小湊鐵道 

◆JR御殿場線  

◆JR武豊線 

◆えちぜん鉄道 

◆和歌山電鐵

◆若桜鉄道 

◆JR肥薩線 

 

特別掲載

◆JR肥薩線応援企画 木造駅舎の宝庫、肥薩線を行く木と人の歌が聴こえる駅へ 

文化財に選定された全国鉄道遺産リスト

 

※本書は2019年3月に発行した『旅と鉄道』2020年5月号「鉄道遺産を探せ!」の特集を中心に、これまで雑誌『旅と鉄道』 に掲載した記事から鉄道遺産にまつわるものを再編集した1冊になります。

 

 

 

 

 

友だち追加

『旅と鉄道』を友だちに追加して、新刊情報を手に入れよう!

September 2020

2020年9月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック