• 旅鉄web
  • TOP
  • JR小浜線沿線の、おおい町が、とってもお得な“おおい町大満足ツアー”を開催!

JR小浜線沿線の、おおい町が、とってもお得な“おおい町大満足ツアー”を開催!

 

 

 

『旅と鉄道』の本誌連載などでも応援しているJR小浜線の沿線自治体、福井県おおい町がとってもお得に小浜線、そしておおい町内のグルメと観光が楽しめる1泊2日のツアー「おおい町大満足ツアー」を開催します。出発地は福井駅、または敦賀駅で、そこからおおい町の中心駅、若狭本郷駅または小浜駅までのJRの運賃と、観光バスによるおおい町の旅、そして地元グルメも充実した宿泊がセットになったとってもお得なプランです。

 

 

 

★おおい町の若狭甘鯛と竹人形文楽を楽しむ極上の旅プラン

2つのプランが設定されており、ひとつめは海の幸を味わい、海を見渡すホテルに宿泊する「おおい町の若狭甘鯛と竹人形文楽を楽しむ極上の旅」。11月16~17日の1泊2日の設定で、波の静かな小浜湾に面して建つ、全室オーシャンビューのホテル「ホテルうみんぴあ」に泊まって、秋が旬、“若狭ぐじ”としても知られ、京都の料亭では欠かすことのできない高級食材ともされる赤甘鯛の特別料理を味わうコース。甘鯛は身が上品で傷つきやすいため、若狭湾で獲れたばかりの甘鯛を産地で味わうことで、その姿の美しさとともに、上品な甘さを堪能することできる。さらには、普段は拝観できない重要文化財である秘仏! 長楽寺の阿弥陀如来坐像の特別拝観が組み込まれている。この貴重な機会を見逃さないようにしたい。

 

 

絶景を走るJR小浜線

ホテルうみんぴあ

 

ホテルうみんぴあの客室

 

ホテルうみんぴあの若狭ぐじの鯖焼き

 

観光船青戸クルージング

 

水上勉 生誕100周年記念

若洲人形座公11月16日~17日

 

 

 

星と暦のふるさとで星空とぼたん鍋やいちご狩りを楽しむ至高の旅プラン

もうひとつのプランは、冬の山の味覚、ぼたん鍋を味わうコース。まるでボタンの花のように美しく盛り付けられた、地元のぼたん肉(いのしし肉)は、脂ののりもよく、旨みたっぷり。12月7~8日にかけての設定で、宿泊は、平安時代に暦や天文を司った陰陽師・安倍晴明の末裔が、応仁の乱から逃れて約100年間移り住んだといわれる名田庄にある「ホテル流星館」。冬は特に星空が美しく、星空観察や、暦に関する話題にふれながら過ごすことで、リラックスした癒しのひと時を過ごすことができそうだ。2日目には、ひと足早いいちご食べ放題のいちご狩り体験へ。「章姫」「紅ほっぺ」「おいCベリー」と3種類のいちごを食べくらべしつつ、好きな味わいのいちごをたっぷりといただける。

 

 

海岸線を走るJR小浜線

地元を味わうコース

 

冬季限定の絶品ぼたん鍋

 

暦会館 安倍清明の子孫が基礎となる

 暦と天文学に関する資料館 

 

いちご狩りを楽しむ

 

若狭パール見学

 

 

 

 

【プラン概要】

  • 【おおい町の若狭甘鯛と竹人形文楽を楽しむ極上の旅】

生誕百周年を迎えるおおい町出身の直木賞作家水上勉。その文学にふれ、さらにはおおい町の工芸、自然、歴史をご体感ください。

出発日:令和元年11月16日(土)~17日(日)

募集人員:18名様(最小催行人員6名様)

旅行代金:お一人様 福井発:大人19,800円 敦賀発:大人17,800円

申込み締切り:10月31日(木)

★極上の旅申込はこちら

http://www.fuku-e.com/230_tour/index.php?id=68

 

 

  • 【星と暦のふるさとで星空とぼたん鍋やいちご狩りを楽しむ至高の旅】

陰陽師 安倍清明とゆかりのある名田圧地区で神秘な星々と歴史文化、またそこで育まれた自然の恵みをご堪能下さい。

出発日:令和元年12月7日(土)~8日(日)

募集人員:20名様(最小催行人員8名様)

旅行代金:お一人様 福井発:大人16,000円 敦賀発:大人14,000円

申込み締切り:11月22日(金)

★至高の旅申込はこちら

http://www.fuku-e.com/230_tour/index.php?id=77

 

 

JR小浜線で行く!おおい町大満足ツアー 詳細はこちらから

https://www.wakasa-ohi.jp/daimanzokutour2019/

お申込み先:(公社)福井県観光連盟ツアー291(ふくい)

TEL:(0776)23-3789   FAX(0776)23-3790

営業時間:8:30~17:15

休業日:土、日、祝日、年始年末

http://www.fuku-e.com/

http://www.fuku-e.com/230_tour/index.php?co=33

 

December 2019

2019年12月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック