• 旅鉄web
  • TOP
  • 旅鉄How to 003 日帰り鉄道さんぽ 首都圏版

旅鉄How to 003 日帰り鉄道さんぽ 首都圏版

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2019年9月28日
ISBN/JAN9784909099358
紙版価格本体1,500円+税
電子版基準価格

本体1,200円+税

ページ数208ページ
判型四六判

 

【内容紹介】

首都圏の新しい景色を探しに、鉄道さんぽに出かけよう!
本書では、東京、神奈川、千葉、茨城、栃木、群馬といった、首都圏の散歩コースを19コース紹介しています。

たっぷり一日かけて絶景・絶品を見て・食べ歩くコースや、時間がなくても大丈夫! 半日で満足できるショートトリップコース、そして鉄道ファンに人気の首都圏の鉄道遺構を探す、廃線めぐりコースも紹介。

また、全ページカラーで見やすく、持ち歩きにもおすすめのサイズ。
今日は列車に揺られて、いつもと違う街をさんぽしてみませんか?

【本書の特徴】
さんぽに必要なデータも多数掲載!
●「ルートデータ」では所要時間だけでなく〝歩く時間〟を掲載
●「おこづかいNOTE」でさんぽの予算がわかる
●「コースガイド」には移動手段や飲食店などの分かりやすいアイコン入り
●さんぽに便利な「おさんぽMAP」 etc……

列車に乗ってさんぽにでかけよう!
●東京、神奈川、千葉、茨城、群馬……首都圏の日帰り旅を紹介
●1日、半日の所要時間別コース
●人気の廃線スポットもコース別に紹介
●今なお国民に愛され続ける、寅さんの愛した「柴又」を歩く
●写真は見やすく、全ページカラーで紹介 etc……




第1章では、一日かけてたっぷり列車に乗ってさんぽに行くコースを紹介。
東京のみならず、銚子やひたちなか、日光といった人気の観光地も紹介しています。

 

 

 



第2章では、時間がなくても半日で満足できる、ショートトリップコースを紹介。
広域の地図に加え、歩いたルートを拡大地図にして掲載しており、さんぽの際の持ち歩きにもぴったりです。

 

 

 


第3章では、廃線スポットを歩くコースを紹介。
移動ルートでは、列車に乗車した区間や歩いた区間をアイコンで掲載しており、どのように移動をするかが分かりやすく、事前に計画を立てる際に役立ちます。

 

 

 


番外編として柴又駅周辺を紹介。
今なお国民に愛され続ける寅さんの歩いた柴又を、映画に出てきたスポットと合わせて掲載。柴又のお店の人達に取材をして分かった、「男はつらいよ」撮影時の裏話や映画に対するこだわりの話もあり、寅さんファンは必見です。


【目次】


・日帰りさんぽINDEX

【第1章 ふだんよりちょっと早起きをして たっぷり列車に乗ってみよう】
・まんぷく下町めぐり
・都会を走る秘境路線、鶴見線を味わいつくす
・銚子電鉄に揺られて古き良き港町へ
・三セク鉄道を乗り継いで茨城の美しい海岸へ
・日光を走る観光列車、欲張りはしご旅
・フリーきっぷで三浦半島をお得に縦断
・相模湾から東京湾へ、神奈川横断・海づくし

コラム
首都圏日帰り季節限定のスポット

【第2章 思い立ったらいつでも出発! 東京、神奈川半日さんぽ】
・東京スカイツリーの足元そぞろ歩き
・新旧の交通機関が走る隅田川のほとりの町へ
・駅から駅へ、深川・門前町ウォーキング
・身近にひそむ“へん鉄”オンパレード
・湘南の“へん鉄”スポット半日駆けめぐり
・東京ウォータフロント絶景堪能3路線

番外編
柴又駅から、寅さんぽ

【第3章 首都圏に忍ぶ鉄道遺構を探しに廃線跡を歩いてみよう】
・東京の都心で見つけたとっておきの鉄道遺構
・東横線沿線廃線跡ショートコース
・数奇な運命をたどった武蔵野競技場線跡を歩く
・安近短で満喫できる下河原線跡ミニトリップ
・東京西郊の住宅街で御陵線の痕跡探索
・狭山丘陵に残るトンネル群を訪ねる

 

 

 

 

 

 

December 2019

2019年12月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック