旅鉄BOOKS 019 廃線探訪入門

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2019年7月16日
ISBN/JAN9784635821667
紙版価格本体1,600円+税
電子版基準価格

本体1,728円+税

ページ数160ページ
判型A5変形

 

【内容紹介】

列車は走っていないけれど、鉄道ファンの間で人気の高いジャンルのひとつである“廃線めぐり”。

本書では、廃線歩きをより楽しんでもらうために廃線の探し方から服装、持ち物などのポイントをわかりやすく解説しています。

また、ファンの間でもとくに人気の高い士幌線跡の美しい写真や“廃線テーマパーク”を掲載しており、「廃線に興味があるけれど、どのように楽しんでいいかわからない」という、廃線ビギナーの方にもおすすめの一冊です。

 

第1章では、廃線めぐりで人気のある廃線跡を紹介。地図研究家・今尾恵介氏による「廃線を地図で読み解く方法」は必見です。

 

 

第2章では、日帰りで楽しめる都市の廃線スポット(東京都心、東京多摩、関西、名古屋近郊)を掲載。「歩ける廃線跡」では、日本各地の廃線跡を紹介。自宅近くの廃線跡を見つけることができるかもしれません。

 

 

第3章では、エリア別に旅に出たい廃線スポットを29紹介。徒歩やサイクリング、車など移動手段も掲載しているので、自分に合った廃線めぐりスポットを見つけることができます。

 

 

第4章では、廃線となった後にテーマパークなどとして“第二の人生”を送る廃止路線を紹介。鉄道テーマパークとして人気のある小坂鉄道では、一日の過ごし方をおすすめの飲食店と合わせて紹介しています。

 

 

【目次】

・廃線歩きはこんなに楽しい

・廃線分類チャート

・廃線の楽しみ方

 

【第1章 廃線歩きに出かけよう】

・いつ崩れ落ちるかも知れぬ“幻の橋” タウシュベツ橋梁

・士幌線跡のめぐり方

・北陸廃線紀行

・尾小屋鉄道の記憶

・碓氷峠 新旧廃線跡探訪

・ヨコカルの記憶 在りし日の碓氷峠を懐古する

・地図研究家が歩く廃線跡 可部線跡、宇品線跡

・大分交通耶馬溪線跡を走る

 

 

【第2章 都市にもある廃線めぐり】

・東京・都心編    駅舎、踏切、トンネル跡など遺構を満喫

・東京・多摩編    多様な出自を秘めた6路線を制覇

・関西編              自然と歴史に触れる、廃線トレッキングコース

・名古屋近郊編    美濃・三河の名鉄線跡を訪ねる

・歩ける廃線跡

 

【第3章 旅に出たい廃線スポット】

・エリア別 旅に出たい廃線スポット

 

【第4章 復活するロストライン】

・復活するロストラインの未来

・「小坂鉄道レールパーク」で過ごす一日

 

 

※本書は『旅と鉄道』2018年5月号と『旅と鉄道』2019年7月号の記事をもとに再編集したものになります。

 

 

 

 

 

 

 

December 2019

2019年12月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • メモリアルブック