• 旅鉄web
  • TOP
  • 新編 秘められた旅路 ローカル線に乗って(旅鉄LIBRALY)

新編 秘められた旅路 ローカル線に乗って(旅鉄LIBRALY)

 

 

 

 

 

 

 

 

【商品情報】

発売日2017年11月17日
ISBN/JAN9784635820240
紙版価格本体1,350円+税
電子版基準価格本体1,080円+税
ページ数240ページ
判型A5判

 

 

【内容紹介】

雑誌『旅』の編集長として知られた岡田喜秋氏が昭和31年に上梓した幻の書を底本として、ほか数編を加えて再編集し、新編として復刊。
地方路線の-なにげない-窓外の風景との出会い……21線収録。
この書にえらばれたローカル線が一見平凡な風土を走るものであることも、あえて作者の意図した視点である。(「まえがき」より)

 


【目次】


十勝平野の地平線-根室線

三陸海岸縦断-八戸線・山田線

伝説の峠を越えて-仙山線

冬の奥会津・夜話-会津線

越後女の哀歓-越後線

よみがえる山村-水郡線

花と海女と黒潮と-房総東線・西線

武蔵野の西の果て-八高線

八ヶ岳高原の旅-小海線

伊那谷の断想-飯田線

素朴なる谷間の湯-大糸北線

アルプスの人情-大糸南線

丹波の山ふところ-福知山線

碧い人造湖-姫新線

陰から陽への旅情-伯備線

知られざる傑作-山陰線

四国の高冷地へ-予讃線

九重山の素顔-久大線・宮原線

 

【著者情報】

岡田喜秋 オカダ・キシュウ
1926(大正15)年、東京生まれ。作家。旧制松本高校を経て、1947(昭和22)年、東北大学経済学部卒業。

日本交通公社に入社し、1959(昭和34)年より十二年間、雑誌『旅』の編集長を務める。

編集者時代から日本各地を取材して、数多くの紀行文を発表。

退職後は、横浜商科大学教授として、観光学の構築に努める。

著書に、『定本 日本の秘境』『旅に出る日』『定本 山村を歩く』(ヤマケイ文庫)、『旅に生きて八十八年』(河出書房新社)、『秘話ある山河』(平凡社ライブラリー)ほか。

 

 

 

 

January 2019

2019年1月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える


  • 鉄道KING
  • メモリアルブック