• 旅鉄web
  • TOP
  • 国鉄青春日記 昭和車掌の〝人情〟物語 檀上完爾 (旅鉄LIBRARY 001)

国鉄青春日記 昭和車掌の〝人情〟物語 檀上完爾 (旅鉄LIBRARY 001)

 

古き良き昭和の国鉄物語が旅鉄LIBRARYから登場

 

檀上完爾が復員後、国鉄に勤めはじめた17歳、東北本線水沢駅での体験から始まる、貴重な鉄道人生を描いた青春日記。

 

踏切警手見習いから、普通列車車掌、優等列車車掌、広報課へと歩んだ著者の国鉄人生が、温かな人情物語とともに刻まれています。

 

そのほか運行中の特急列車車中で起こったエピソードを描いた「特急車掌の物語」、ブルートレインブームの時代のできごとをまとめた「ブルートレイン黄金時代」など、古き懐かしき昭和の国鉄物語がもりだくさんの1冊です。

 

国鉄青春日記 昭和車掌の〝人情〟物語 目次


第一章私の国鉄青春日記 816歳、初めての国鉄勤務は水沢駅だった/踏切警手40年、人生のほろ苦さを知る/新前車掌、“泣きマル”に救われる/女性客を守った、勇気ある戦後の女性車掌/山田線の夜行貨物列車、ある深夜のできごと/

 

第二の故郷、東北。温かな人情に惚れる/脱線事故と殉職機関士の両親の思いやり/武田信玄に心酔した中央線名物”信玄車掌”/湘南電車に乗務。毎日が楽しかった/荷物室で、リキドウザンとにらみ合う! ?/

 

普通車掌から荷物専務車掌になる/ふるさと三鷹で起きた二大事件/はじめて投稿したのは、水沢駅の思い出だった/沼津行の列車内で女の子が倒れた/こっそり2等車に乗っていた名横綱栃錦/夫婦そろって汽車乗り家業。「こんにちは」「さようなら」が小説に/

 

15年間の現場勤務から広報課へ転勤/乗客の安全確保の命を懸けた職員がいた/ほか

 

国鉄青春日記 昭和車掌の〝人情〟物語 檀上完爾をアマゾンでチェック

 

July 2017

2017年7月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える

  • 鉄道KING
  • メモリアルブック