乗り鉄道具学

vol.23 富士フイルム 【X-T10】

いつでも持ち歩きたくなるカメラの魅力を感じる存在感

愛好家の心をくすぐるメカニカルなデザイン

 カメラ愛好家には、撮影はもちろん、カメラを眺めたり手にしているだけで満たされる人も多い。富士フイルムX―T10は、そんな魅力を持つ。いかにもカメラらしいクラシカルなフォルム、天面に並ぶアルミ削り出しのダイヤル……。フィルムからデジタルになっても、カメラの魅力を再認識させてくれる。
 前面と背面には膨らみがあり、しっかりと握れる。指を伸ばせばコマンドダイヤルに届き、露出などの調整ができる。鉄道写真では大切な要素であるシャッタースピードは、天面のダイヤルで選択可能。1/4000秒まで設定されていて、動きの速い列車でも捕捉できる。
 レンズバリエーションも豊富だ。ズームレンズは超広角から高倍率、望遠まで用意されているが、それ以上に魅力的なのは単焦点のラインナップ。14、16、18、23、27、35 、56、60、90㎜が用意されていて、目的に応じて選択できる(APS―Cサイズのセンサーを持つので、35㎜相当の焦点距離はレンズの1・5倍)。
 X―T10は本体のみならずレンズもコンパクト。レンズの厚さが薄いパンケーキレンの27㎜をカメラに装着し、そのほかに何本か単焦点レンズをカバンに入れて旅に出たくなる……。そんなカメラだ。

狙った被写体は逃がさない大幅に向上したAF性能

 ミラーレス一眼レフは、コンパクトさや利便性の高さは評価されつつも、液晶式ファインダーのタイムラグやオートフォーカス(AF)のスピードから、鉄道写真愛好家には二の足を踏む人が多かった。
 X―T10では、新しいAFシステムの採用により、動体被写体の撮影性能が大幅に向上した。具体的には、従来の49点で被写体を捕捉する「シングルポイント」に加え、77点の広いエリアで捉える「ゾーン」「ワイド/トラッキング」の2つのフォーカスエリアが追加され、対応の幅が広がったのだ。
 このうち「トラッキング」では、フォーカスエリアで捉えた被写体を77点の全エリアで追尾し続ける。列車を一度捕捉したら、しっかりと捉え続ける。
 しかも連写速度は速く、ミドルクラスのデジタル一眼レフ並の秒間8コマの撮影が可能。被写体が動く鉄道写真にピッタリの高性能は、旅の相棒だけではもったいないほど。撮りたい時に撮りたい物が自由に撮れるカメラだ。

富士フイルム X-T10

有効画素数 1630 万画素
撮影感度 ISO200 ~ 6400
レンズマウント FUJIFILM X マウント
外形寸法 幅118.4mm ×奥行き40.8mm ×高さ82.8mm
質量 約381g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
参考価格 88,000 円(ボディのみ)

July 2017

2017年7月

鉄道旅行の魅力を
語る、深める、伝える

  • 鉄道KING
  • メモリアルブック